税理士を替えるタイミング

税理士を替えるタイミングには様々あると思いますが、ここではその代表例と、
替える場合のベストなタイミングについてご説明します。

税理士への不満ポイント例

明らかに能力不足である

サービスが悪く、対応に不満がある

仕事である意識が低い

得意分野では無かった

なんとなく不安

決算終了後がベストですが、期の途中で変える場合でも、まったく問題はありません。
今の税理士に税理士を替えると伝えると同時に、今までの決算資料をもらうようにします。
現在の税理士とうまく交渉し、契約を終えて新しい税理士に乗り換えるには、やはり、税理士紹介コンサルタントに相談しながら進めて行くことが一番安全で確実です。現在の税理士への切り替え方や引継ぎをお願いします。また、新しい税理士への交渉も行います。
税理士紹介業運営10年、顧客満足度No.1 税理士・公認会計士紹介コンサルティング