はじめての方へ

そのような悩みに対して、私たちは機械的ではなく具体的に電話等でご相談に乗らせていただき、税理士についての疑問点や不安点を解消し、今までは想像できなかったような、解決に向けた新しい道をご提供させていただきます。税理士はもちろん、必要と判断させていただいたときには、行政書士、司法書士、社会保険労務士、弁護士など、最適な先生をも紹介いたします。

いくら毎月の顧問料が安くても、税理士が何のサービスもしてくれないとしたら、それは高い顧問料と言わざるを得ません。ついつい顧問料の高い安いで税理士を選びがちになってしまいますが、大切なことは、税理士にやってほしいと望むことをしっかりやってくれて適正な価格の顧問料であることです。

一般的に、事務員に20万円近くも毎月給与を払っていることを考えれば、税務知識を持った税理士がそれ以上のことを奉仕してくれた方がよっぽど価値があります。優秀な税理士でも低い報酬では質の良いサービスは提供できません。よって、サービスと顧問料には適正な感覚があるのです。

私たちはその感覚を正しく持ち、税理士の最適なサービスを最低価格で引き出すお手伝いをしています。プロマーケットの運営母体である株式会社インフォランスは経営コンサルティング会社です。常に経営者側に立って、ぴったり合う税理士をご紹介していきます。

税理士と契約する場合の大きなメリットを感じるときはどのような場合でしょうか?
以下のような場合には税理士にお願いするメリットは大きくものがあります。
会社や事業始める、軌道に乗せるためには、資金が必要です。その資金を金融機関などから借入れを行うべきか否かでお悩みなら、融資相談に強い税理士にご相談ください。資金計画を一緒に考える事は、コンサルティング能力を持つ税理士の仕事です。
計画的に雇用を行うことができれば、助成金を受けることが可能になります。助成金の申請手続きは、タイミングが重要です。助成金申請のタイミングや計画など、税理士や経営コンサルタントに相談して進めましょう
年商1千万円を越えるようになると消費税の課税事業者となります。課税事業者となった場合、届出が必要であるほか、納税対策も必要となります。簡易課税か、本則計算か、有利な方法をシュミレーションし、損をしないようにしなくてはなりません。事前に税理士と相談をして、最適な対策を行いましょう。
現在の税理士に不満・不安をお持ちの方、または税理士を替えるとまで決めていないが、他の税理士の能力や評判や、別の税理士にアドバイスを受けたい、とお考えの方は、それらのことについて、まずはお気軽にご相談ください。
× 払っている顧問料に見合うサービスを受けられていない
× 税理士となかなか連絡が取れない
× 偉そうな態度で、税理士と話をしていて居心地が悪い
× 税理士がぜんぜん来ない
× 会社の秘密を外に漏らされた
その他、「他の税理士のアドバイスを受けてみたい」といったご相談でも大丈夫です。
税理士紹介コンサルタントが間に入っていますので、ご納得頂ける税理士が見つかるまで、何人でもご紹介を致します。もちろん、無料です。
税理士紹介業運営10年、顧客満足度No.1 税理士・公認会計士紹介コンサルティング