専門学校訪問

東京IT会計専門学校
東京IT会計専門学校

企業の成長が実感できる仕事

―――税理士とはどんな仕事だと思いますか?

古田:国からみても企業からみても、無くてはならない存在だと思います。国は税金を正しく納めて欲しいですし、企業からしたら節税とかもしてほしい。 実家が税理士をやっているのですが、税理士のおじいちゃんは「税金を正しく納めること」という考え方を持っていました。これとは反対に、父親は「賢く税金をおさえ、適切な納税を行う」という逆の考え方を持っていました。 自分が目指す税理士はこの両方の意見を入れたような仕事なんじゃないかと思います。
城田:まだ税理士になっていないから何とも言えないですが、企業の成長が実感できる仕事じゃないかと思います。

―――子供の頃から税理士になりたかったのですか?

古田:子供の頃は建築士とかコックさんになりたかったです。
城田:僕は警察官、それから昔から車が好きだったのでF1レーサーに憧れていました。

税理士は儲かる!?

―――ではなぜ税理士を目指そうと思ったのですか?

古田:実家が税理士事務所でした。兄弟3人で誰が後を継ぐか考えたときに(歳が)上の2人はそれぞれ別の夢を持っていたので、自分が税理士になろうと思いました。
城田:友達から「税理士はもうかる」と言われたことが最初のきっかけです。大学に進んで自分で税理士の勉強をすることも考えましたけど、税理士の勉強1本に集中できる専門学校を選びました。

税目指すは企業から信頼される税理士

―――将来はどんな税理士になりたいですか?

古田:信頼されるためにも、真剣に相手の立場を考えて接していきたいです。
城田:回答が同じになってしまいますけど、顧問先に信頼される税理士になりたいです。そのために、熱い心を持って接していきたいです。相手とのコミュニケーションをとりながら徐々に相手のことをよく理解して、信頼を勝ち取っていきたいです。

―――これからどう頑張っていきますか?

城田:1日1日を無駄にせず、努力を怠らずに頑張っていきます。毎年、税法の改正があるじゃないですか。税法の改正についていつでも自分は分かるようにしていて、質問された時には「ここがこう変わったんだよ」とお話して理解していただけるようになりたいと思います。
僕の場合はなるべく1人のほうが集中できるので、学校から帰った後は3~4時間とか部屋にこもって集中的に勉強しています。
古田:税理士になったからといって税理士の勉強をやめるのではなくて、税理士になってからも、どこをどう改善したら節税できるのかを勉強して、研究したりして専門的な知識を身につけて、誠実な対応ができるように頑張っていきたいと思っています。
学校では分からない問題をすぐに解決してくれるので、学校にいるときに集中して勉強しています。

―――最後に読者の皆さんへメッセージをどうぞ

古田:信頼していただける税理士になれるように頑張っていきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします。
城田:最近の一〇代や二〇代はダメだとか言われていますけど、僕たちは税理士という目標を持って頑張っています。

学校法人立志舎 東京IT会計専門学校

所在地 〒130-8565 東京都墨田区錦糸1-2-1
アクセス JR「錦糸町」駅北口徒歩2分
半蔵門線「錦糸町」駅3番出口徒歩2分
アドレス http://www.all-japan.ac.jp/
東京IT会計専門学校  本学園は、資格取得や企業就職率の高さで高く評価されている学校ですが、受験予備校ではありません。ゼミ学習やキャンパス行事などを通じて、多くの友人をつくり青春を楽しんでもらうことは、学生の人格形成上、とても有意義な事と考えています。
また、学生の集中力を持続させるためにも、勉強の合間に学園祭や体育祭などのイベントによる気分転換は大切です。講義形式だけの授業は一方通行のためで、わからなくても先に進んでしまい、必然的についていけなくなる人も出てきます。
私たちの学園では、こうした授業形態はとりません。「ゼミ学習」形式で、学生はひとりでは解決できない難しい問題を仲間に教わったり、教えたりしています。教えることはとても重要です。教えることによってさらに深い疑問がわいてきたり、新しい問題が発見できたりします。そうすることによって理解がさらに深まっていくのです。仲間同士で解決できない問題は、私たち教師がヒントを与え、必ず自分たちで解決させるようにしています。教師と学生は友達のような関係で、いつでも気楽に質問できるような環境も整えています。
「ゼミ学習」では、資格試験のための能力の育成だけではなく、社会性・人間性を育むという人格的成長も促進しています。